サッカーワールドカップを地元に誘致しようと-バッグチャーム

パパが休めば、日本の子育てが変わる そして社会が変わる

さんきゅーパパプロジェクトとは

article サッカーワールドカップを地元に誘致しようと

「さんきゅーパパプロジェクト」とは、改正育児介護休業法でパパだけに認められた産後8週間の育児休業を「パパ産休」と名付け、この期間に育休を取得する男性(さんきゅーパパ)を増やすことで父親の育児参画を促し、子育て家庭における夫婦の調和、親子の絆を確かなものとする。また企業、国、自治体等におけるワークライフバランスや次世代育成の取組みを推進することを目的とし、に立ち上げたNPO法人ファザーリング・ジャパンが実施する社会変革プロジェクトです。

5月11日から本格的に「遠隔授業」をスタート

【さんきゅーパパプロジェクトの3つのミッションは?】

  1. 産後8週間内の男性の育児休業取得率を上昇させる あいさつする大会組織委員会の御手洗冨士夫会長(右)とワールドラグビーのビル・ボーモント会長(17日
  2. 産休中のパパのネットワークを構築し、孤立化させない 2位だったニュージーランドが1位に返り咲き
  3. 個人・企業・社会に対し「パパ産休」を啓もうし、社会構造の変革を導く

 

【改正育介法の「パパ産休」とは?】

にその大部分が施行されることになった改正育児介護休業法(以下 改正育介法)には、男性の育児休業の取得促進が期待される様々な施策が盛り込まれております。その1つが、父親が出産後8週間以内に育児休業を取得した場合に、再度、育児休業を取得することできる「パパ休暇」の創設です。この産後8週間内の育児休業は父親だけに認められた権利であり、厚生労働省では「パパ休暇」としていますが、FJでは「パパ産休」と名付けて推進していきます

スーパーラグビー・サンウルブズの次期ヘッドコーチに就任が決まった大久保直弥さんやはりトニー・ブラウン(元パナソニック)は

【なぜ産後8週間なのか?】

労働基準法の母性保護規定により、出産した女性は産後8週間原則働くことができません。これは出産後の母親には産後ケアが重要で母体を守る必要があるからです。 学生時代の平尾(左)と土田=土田雅人さん提供

しかし、日本の母親は産後8週間において職場勤務はないまでも家庭内で育児と家事を強いられているのが現状です。また、母親だけの里帰り出産が常態化している日本において、母子里帰り中の父子の愛着形成が阻害されるばかりか、その後の夫婦のパートナーシップにも深い影を落としています

貴サイトに当社のサイトの画像やイラストなどを直接呼び出して表示させないでください

    【日本男性の育児休業取得が増えない理由は?】

    男性の育児休業取得率は、2008年の統計で1.23%と低迷しているものの、育児休業取得希望者は約3割に達し、実際の取得率と希望者の割合は広がる一方です。このギャップの原因の1つとして、経済的ロスが挙げられます。

    同時に、男性の育児休業の取得促進には職場環境の改善が不可欠です。不景気のあおりを受けて、育休切りや職場流産といった職場での子育て環境の悪化が社会問題となっています。また、キャリアロスも男性の育児休業取得を阻害する原因の1つとなっています。男女ともに育児をするものが企業において実質的に不当な扱いを受けるようでは、改正育介法違反となるだけでなく、出産や育児よりも仕事を優先せざるを得ない状況を放置したままでは、少子化に歯止めをかけることはできません。 日本にはスペースへボールを運ぶ力があるから日本の誇る福岡と松島の「ダブル・フェラーリ」には

     

    【さんきゅーパパの活動内容は?】

    「さんきゅーパパプロジェクト」では、主に以下の活動を実施します。

    2月1日午後に「算数1科入試」新たに実施…普連土

    写真の利用申し込み : 記事・写真・動画の利用申し込みについて : サイトポリシー : 読売新聞オンライン